Hatena::Groupmoti

Subversion

Subversion

Subversion

start

subversionはファイル単位ではなくディレクトリ単位ですべてのものを扱う.

hoge.plなコードを管理したかったら,hoge/hoge.plっていう感じにディレクトリに入れる.

Project Calbee

プロジェクトカルビーという仮想のプロジェクトを例に手順を説明.

カルビーは以下のファイルで構成されている.

calbee.cgi
index.tt
log/error.log
sql/calbee.sql

これらのファイルを"calbee"ディレクトリに入れる.

calbee/calbee.cgi
calbee/index.tt
calbee/log/error.log
calbee/sql/calbee.sql

import

作ったディレクトリをリポジトリにインポートする.

$ cd calbee

して,calbeeディレクトリに入る.

$ svn import https://svn.okasi.as/calbee -m "import project calbee."

ってして,calbeeをリポジトリにインポートする.

ここで大事なのが,インポートしてそのままcalbee.cgiを編集しはじめないこと.

まずは,

$ cd ../
$ mv calbee calbee.org

とかしてバックアップしてから,

$ svn co https://svn.okasi.as/calbee calbee

としてチェックアウトした後に,calbee.cgiの編集を始める.

これでやっとインポートの終了.

editとcommit

今日もバリバリコード書いたぞ!

さぁコミットしよう.

コミットするときは,プロジェクトディレクトリに入ってから行うのがおすすめ.

$ cd calbee
$ svn commit -m "ususio pached"

でコミット.

追加と削除

add

チェックアウトしたcalbeeディレクトリ内に,新しく view.tt というファイルを作成したとする.

作成して,編集した後に commit した場合,commit されるのはリポジトリからチェックアウトしてきたものだけなので,view.ttはアップロードされません.

なので,

$ svn add view.tt

してリポジトリにファイルを追加しましょう.

そのあと, commit してやっと,アップロードの完了です.

delete
commit!

unfuddle.com

以下を参考にしながらサイトに登録し実際に使ってみよう.

The dream is invincibility. - unfuddle.comの使い方
http://d.hatena.ne.jp/x_moti_x/20070329/1175192972

たとえば

svn  co http://moti.unfuddle.com/svn/moti/dotfiles

error

Could not open the requested SVN filesystem [500, #2]

%cat /var/log/apache2/error.log  
[Mon Mar 12 03:21:24 2007] [error] [client oo.bar.baz] Could not open th
e requested SVN filesystem  [500, #2]

な時は,

chmod -R 0660 /var/lib/svn

* はてなダイアリーキーワード:Subversion