Hatena::Groupmoti

iSCSI

iSCSI

iSCSI

目次

Debian/unstableでiSCSI

iSCSIDebianとWindowsXPで使ってみよう.

構成

ストレージ(Target): Debian

クライアント(Initiator): WindowsXP

Debianの設定

まずは,/etc/apt/sources.list を以下のように編集.

deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ unstable main contrib non-free
deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ unstable main contrib non-free

大事なのは,non-free をつけること.

non-free をつけないと,コンパイルされたiscsitarget-modulesのパッケージを取得することができない.

次は,必要なパッケージを取得.

# apt-get install iscsitarget
# apt-get install iscsitarget-modules-2.6.24-1-486

iscsitarget-modules のバージョンは使っているカーネルのバージョンにあわせること.

最後に,iSCSIで公開するディスクの設定.

/etc/ietd.conf 内に設定例が書かれているので必要な箇所を修正する.

最低限必要なのは,

       Lun 0 Path=/dev/sda3,Type=fileio

という,共有するパーティションを指定するところだと思う.

指定するパーティションは,フォーマットされている必要はなく/dev内に表示されているだけで問題ない.特にマウントの必要も無い.

WindowsXPの設定

Microsoft Storage Technologies-iSCSIから,「iSCSI Software Initiator v2.0」をダウンロード,インストールする.

インストールが終わると,デスクトップに「Microsoft iSCSI Initiator」というショートカットが作成されるので,実行*1

「Discovery」タブの「Target Portals」にDebianのIPアドレスを入力。次に、「Targets」タブの「Log On...」ボタンを押すと接続完了。

接続が完了すると,マイコンピュータの右クリックから管理を選らんで,ディスクの管理へ進むとフォーマットされていないディスクが追加されているのが確認できるはず.



Windows 2000/XP/Server 2003 で software iSCSI Target

WindowsiSCSI のイニシエータを使う方法は上記の通り。

じゃあ次は Windows をターゲットにする方法。

構成

ストレージ(Target): Windows Server 2003 Standard

クライアント(Initiator): VMware ESX Server 3.0.2 Upgrade 1


WindowsiSCSI Target にするには

  • Windows Storage Server にバンドルされているソフトを使う(有料)
  • ■StarWind iSCSI Target を使う(個人用途であれば無料)

方法がある。今回は後者でやってみる。

Personal 版は無料な代わりに機能制限があるけど、正直テストで使う分には十分すぎるほどなので問題ない。


StarWind iSCSI Target を使ってみる

  1. StarWind iSCSI Target for Microsoft Window からダウンロードする。入力したメアドに Download リンクのメールが届くので、ちゃんと入力する(10 minutes mail でもよい)。
  2. StarWind.exe と、StarWind FREE Personal Key をダウンロードする。
  3. 普通にインストールする。
  4. 初期画面の「localhost:3260」の connection に Connect する。
  5. CHAP 認証が設定されているので、test/test でログオンする(Windows のアカウントとは関係ない。test/test はヘルプにも書いてあるデフォルトのユーザ名/パスワード)
  6. Connect したら、右クリック → Edit Configuration で設定が出来る。Anonymous connection にチェックすると、CHAP 認証自体を無効に出来る。
  7. 右クリック → Add Device で仮想ブロックデバイスを作成できる。
  8. おしまい

ライセンシングしてみる

  1. 適当な connection(デフォルトは localhost:3260)を選んだ状態でツールバーから Help → Registration を選ぶ。
  2. ダウンロードした StarWind FREE Personal Key を Load する。
  3. おしまい

*1:コントロールパネルにもショートカットが作成されている


* はてなダイアリーキーワード:iSCSI