Hatena::Groupmoti

tiarra

tiarra

IRC Proxy

install

for Debian

Debianの場合は、"/etc/apt/source.list"に、

#Tiarra
deb http://everybody.good-day.net/~nsaito ./tiarra/
deb-src http://everybody.good-day.net/~nsaito ./tiarra/

を追記して、

$sudo apt-get update
$sudo apt-get install tiarra

Config

$lv /usr/share/doc/tiarra/README.Debian

インストールした後、Readmeを読んで。

tiarra for Debian
-----------------

http://www.clovery.jp/tiarra/

  How to run
    make your tiarra direcutory as ~/.tiarra and copy examples to ~/.tiarra

    % mkdir ~/.tiarra
    % cp /usr/share/doc/tiarra/examples/sample.conf ~/.tiarra/tiarra.conf

    edit the tiarra.conf file

    % $EDITOR ~/.tiarra/tiarra.conf

    Set environment value TIARRADIR=~/.tiarra/ on your shell.
    If unseted TIARRADIR, wrapper (/usr/bin/tiarra) will set ~/.tiarra/ as
    default.

    % export TIARRADIR=~/.tiarra/
    % tiarra         (run a program)

    connect to tiarra with your IRC client.


 -- SAITO Naohiko <hu3n-situ@asahi-net.or.jp>, Tue,  8 Jul 2003 08:19:32 +0900

書かれている通り初期の環境設定を行う。

~/tiarra.conf

tiarraを使い始める理由はきっとチャンネルのログ取りと、次にログインしたときにログアウト中に流れたログを流してくれる機能がほしかったからだと思う。俺がそうだ。

なので、tiarraのサイトに書いてある以下の二つのモジュールを設定し、

Channel::Join::Connect

接続時の自動 join

Log::Channel

チャンネルごとのログ取り

Tiarra : Archive

さらに、Log::Recentを設定する。

設定例

Log::Channel
+ Log::Channel {
  # ログを保存するディレクトリ。Tiarraが起動した位置からの相対パス。~指定は使えない。
  directory: log

  # ログファイルの文字コード。省略されたらjis。
  charset: sjis

  # 各行のヘッダのフォーマット。省略されたら&#39;%H:%M&#39;。
  header: %H:%M:%S

  # ファイル名のフォーマット。省略されたら&#39;%Y.%m.%d.txt&#39;
  filename: %Y.%m.%d.txt
  # ログを取るコマンドを表すマスク。省略されたら記録出来るだけのコマンドを記録する。
  #command: privmsg,join,part,kick,invite,mode,nick,quit,kill,topic,notice
   command: join,privmsg
  # PRIVMSGとNOTICEを記録する際に、自分の発言と他人の発言でフォーマットを変えるかどうか。1
/0。デフォルトで1。
  distinguish-myself: 1
  channel: 2ch_loby #ロビー@2ch
  channel: priv priv
  channel: others *
}

起動

tiarraは複数ユーザが個別に立ち上げる可能性があるので、サービスにはせずユーザ権限で起動する。

sshで起動してsshから切断したあとも起動し続けるようにnohupコマンドを使う。

$nohup tiarra &

module

  • Log::Channel
  • Log::Recent

が基本。

chekout

$ svn co http://svn.coderepos.org/share/lang/perl/tiarra/trunk/ tiarra

* はてなダイアリーキーワード:tiarra